Bee Diary 梅田ミツバチ日記 梅田ミツバチ隊の熱い活動です。

これからの季節に向けて

梅田に巣箱を設置してから、もうすぐ5ヶ月が過ぎようとしています。
この5ヶ月で、巣箱の周辺は菜の花畑から、野菜畑、お花畑と変わり、巣箱も1階建てから
3階建てまでに増えました。私たちもうめぱちの勢いに引っ張られて奔走し続けてきました。
こうして8月に入り、私たちも徐々に、うめぱち達の生活リズムをつかめるようになってきたように
思います。
最近の巣箱の中のうめぱち達は、数の増加も峠を越えて、今度は徐々に減りつつあるような感じです。
うめぱちのお母さんである女王蜂も産み疲れがでてきたのかもしれません。
これからは数を減らしつつ、少数精鋭隊で秋、そして越冬に向けて進んでいくのでしょう。

モソモソ

8月1日に8回目の採蜜を行ったのですが、以降の内検を行った際に、養蜂家の方からのアドバイスもあり、
今年の採蜜はこれ以降は行わないということになりました。
今後は、うめぱちのための蜜確保を中心に、生育調整を行っていく予定です。
まだまだ残暑は続きます。
私たちも面布と白つなぎを着ての作業は強制ダイエットのようですが、汗を搾りつつ作業を行っています。
うめぱち達も暑い夏を乗り切るため、常に羽ばたいて冷風を送りがんばっています。
皆さんも夏バテなどせず、元気に夏を乗り切ってくださいね。

作業風景

ページの先頭へ