未来少年コナン デジタルリマスター版 『第14話 島の一日』感想ネタバレ

未来少年コナン デジタルリマスター版 『第14話 島の一日』感想ネタバレ TV

 

2020年 8月3日(月)午前0時10分 放送!です。

 

第14

脚本:中野顕彰

演出:宮崎駿 早川啓二

絵コンテ:とみの善幸

 

スポンサーリンク

 『第14話 島の一日』のあらすじ

 

ハイハーバーの平和で穏やかな朝。

 

朝食をすませたコナンとジムシィは、ラナに村を案内してもらうことになった。

 

ラナは以前通っていた風車小屋で働くことになり、ラナの働いていた風車村では、機械織りの少女たちに歓迎を受けて驚く二人。

 

そこに村人タルコスが現れると、コナンとジムシィは自分が村を案内するのでラナにはゆっくりするように伝えた。

 

村人からハイハーバーの村を紹介されながら殆どの住民が働いていることを知る。

 

その後、バラクーダ号の面々(ダイス船長、パスコ、グッチ、ドンゴロス)がこの村で働いてる事を知ったコナンとジムシィ。

 

自分たちだけ仕事をしていないことを知り、二人はこの村で働こうと決める。

 

コナンは海に漁を、ジムシィは山に狩をすることを決め、コナンは海でガル爺さんに雇ってもらうことになった。

 

一方、ジムシィは山で巨大な豚と格闘し、何とかしとめる事に成功する。

しかし、その豚は山向こうに住むオーロたちが飼っていた豚だった。

 

二人は自分たちのせいで村人に迷惑をかけたと知り、オーロに話をつける為にこっそり深夜、家を抜け出す。

未来少年コナン 第14話  感想

 

今回、絵コンテの担当に「機動戦士ガンダム」でお馴染みの富野由悠季監督が

参加されています。

宮崎駿監督がスタッフの絵コンテを描き直すのは、珍しいことではないと言われてます。

 

第14話では、島での1日を描いたストーリーになっています。

 

第1話から、いつも同じ服を着ていたコナンが、今回初めて違う服を着た姿が見れます。

すごく新鮮です。

ジムシィも新しい服をもらって着ています。可愛らしいです。

 

ストーリー前半は、ほのぼのした島の人々や風景等で心がホットしますが、後半からだんだんと場面が変わって行って面白くなって行きます。