【呪術廻戦】花御(はなみ)自然を愛する呪霊の正体と考察!

【呪術廻戦】花御(はなみ)自然を愛する呪霊の正体と考察! 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】花御(はなみ)自然を愛する呪霊の正体と考察!について考察してみたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】花御(はなみ)自然を愛する呪霊の正体と考察!についてみていきましょう。

スポンサーリンク

花御(はなみ)とは

花御 | WHAT's IN? tokyo

引用元:https://images.app.goo.gl/QpyiZb9KpEyrC1CY8

自然から生まれて自然を愛する

人が森に抱く恐怖心から生まれた特級呪霊。基本的には人型をしており、両目の位置にはそれぞれ小さな木が生えています。

 

人語を話すことはできますが、花御事態は通常の言語を発することはできません。

 

その代わりに、呪霊にも人間にも通じないけど、内容は頭に入ってくるという独特な言語を用いています。

 

呪霊としては理性的で紳士的な性格をしており、他の呪霊に比べると大分優しい印象を受けます。戦闘の際も他の呪霊と比べてあまり残虐性を感じません

 

自然を愛するあまり、自然を破壊する人間を滅ぼす事を目標にしており、結果として目的を同じくする真人や漏瑚などと行動を共にするようになります。

 

樹木の生命力の表れなのか耐久性がとても高く虎杖の黒閃を5発、東堂が呪力をのせた浮雲による一撃を弱点(目の位置の井木)に喰らっても致命傷にはなりませんでした。

 

作者によると、もしも漏瑚が同じ攻撃を喰らっていたら死んでいたということなので、その頑丈さが伺えます。

 

気配を植物と同化させることができることから、五条は「精霊に近い」存在だと推測しています。

 

交流会の際に呪霊や呪詛師が高専の結界を抜ける際には、その能力が一役買っていたようせす。

 

術式は樹木を操るもので、呪力を栄養に成長する種子を相手に打ち込んだり、瞬間的に戦意を削ぐ花畑を展開することができます。

 

渋谷では五条を封印するための戦いに参加しましたが、弱点である目の木を引き抜かれたあげく、術式で押しつぶされ死亡しました。

 

スポンサーリンク

まとめ:【呪術廻戦】花御(はなみ)自然を愛する呪霊の正体と考察!

今回は【呪術廻戦】花御(はなみ)自然を愛する呪霊の正体と考察!について紹介考察しました。

 

最後まで御愛読ありがとうございました。