【呪術廻戦】 庵歌姫 (いおりうたひめ)の傷と正体について考察!

【呪術廻戦】 庵歌姫の傷と正体について考察! 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】 庵歌姫 (いおりうたひめ)の傷と正体について考察!してみたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】 庵歌姫 (いおりうたひめ)の傷と正体について考察!についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

庵歌姫 (いおりうたひめ)とは

呪術廻戦の歌姫さん、ファッションセンスなさすぎてヤバイ : あにまんch

引用元:https://images.app.goo.gl/6TAQ5PVXTWTieb4H6

顔の大きな傷については未だ謎に包まれたまま

巫女服のような衣装をまとった、準1級呪術師

 

五条の先輩にあたる呪術師ですが、五条からは完全になめられており、彼女自身も五条のことを嫌っています。

 

五条や夏油の過去が明らかにされた第65話では、建物の崩壊に巻き込まれて庵を助けに来た五条が「歌姫泣いてる?」と呼び捨てで話しかけると「泣いてねぇよ!!」と怒鳴りました。

 

しかし五条は呪霊側の内通者の捜査協力を庵に依頼していたので、一定の信頼関係はあるようですね。

 

しかし、過去エピソードに登場した際は、庵の顔に傷は見受けられませんでした。

 

おそらく呪術師として活動を始めてから、何者かによってつけられたものであると考えられますが、詳細については未だに明らかにされていません。

 

スポンサーリンク

まとめ:【呪術廻戦】庵歌姫 (いおりうたひめ)の傷と正体について考察!

今回は庵歌姫 (いおりうたひめ)の傷と正体について考察!してみました。

 

最後まで御愛読ありがとうございました!