【呪術廻戦】虎杖悠仁(いたどりゆうじ)1000年待った逸材!宿儺との縛りや関係性を考察【最新】

【呪術廻戦】虎杖悠仁(いたどりゆうじ)1000年待った逸材!宿儺との縛りや関係性を考察【最新】 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】虎杖悠仁(いたどりゆうじ)1000年待った逸材!宿儺との縛りや関係性を考察【最新】について紹介してみたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】虎杖悠仁(いたどりゆうじ)1000年待った逸材!宿儺との縛りや関係性を考察【最新】についてみていきましょう。

主人公の虎杖の活躍を観るのはこれが私のオススメです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

虎杖悠仁とは

虎杖悠仁とは01

宿儺の指を飲み込んだことが運命を決定づけた!

 

本作の主人公・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)

 

彼はストーリー開始時、宮城県仙台市に通う一般の学生として過ごしていました。

 

しかし呪霊から伏黒恵や心霊現象研究会の仲間を守るため、宿儺の指を飲み込んだことから運命は大きく変わります。

 

伝説の呪霊・両面宿儺を体内に取り込み、その器となった虎杖

 

呪術界上層部は彼の肉体が宿儺に乗っ取られて暴走する可能性を危険視し、死刑を宣告します。しかしそこに割って入った五条の「どうせ殺すなら全ての宿儺を取り込ませてから殺せばいい」という提案により、執行猶予という形で生存を許されました。

 

そして彼は呪術高専東京校に転入し、呪術師としての生活をスタートさせたのです。

祖父の言葉を指針にして新たな世界へ踏み出す

運動神経抜群にもかかわらず、運動部ではなく心霊現象研究会に所属していた虎杖は、学校帰りに病院に寄って入院中の祖父を見舞っていました。

 

詳細は不明ですが、両親はいないようなので、彼の人格形成には祖父が大きく影響していると思われます。

 

「オマエは強いから人を助けろ」「オマエは大勢に囲まれて死ね」

 

という祖父の言葉は、彼の人生の大きな指針になりました。呪いによる死を「間違った死」と認識し、「だったらせめて自分が知ってる人くらいは正しく死んでほしいって思うんだ」という思いから、呪術高専に転入しました。

 

彼のような呪術師は珍しいらしく、パンダは「俺達もさっき分かった ありゃ善人 呪術には珍しい根明だ」と評しています。

 

また人間を改造する真人の手口を知った虎杖の反応を見た七海は「この子は他人のために本気で怒れるのだな」という感想を抱いています。

 

「人を守る」というまっすぐな想いを持つ彼は、その後多くの仲間に認められていきます。

宿儺と虎杖の関係性は?

虎杖は、戦いの中で幾度も残酷な現実に直面します。

 

当初、「命の価値が曖昧になって 大切な人の価値まで分からなくなるのが 俺は怖い」と、人を殺めることに恐れを感じていました。

 

しかし、真人が作った改造人間に「ころして」と懇願され、初めて元・人間を殺めます。

 

人を正しい死に導くために呪術師になったのに、その信念を根底から揺さぶられた彼は、「正しい死って何?」と七海に問いかけました。

 

七海は「そんなこと私にだって分かりませんよ」と返しますが、おそらくその問いに正しい答えなどなく、ほとんどの呪術師は人を殺すのも「しかたないこと」として割りきって戦っているのでしょう。

 

その後、虎杖は改造人間と遭遇しても、ほとんど躊躇せずに手にかけています。それでも心の中では、今も同じ問いを繰り返しているのかもしれませんね。

 

渋谷事変では、より深い絶望が虎杖を襲います。伏黒が召喚した八握剣異戒神将摩虎羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)との戦いの中で、虎杖の体の主導権を得た宿儺が多くの人びとの命を奪ってしまったのです。

体の主導権を取り戻した虎杖は、変わり果てた渋谷の様子を見て嘔吐し、「死ね!今!!」と涙を流しながら自分を責めます。

 

さらに渋谷駅の地下では、七海が真人に惨殺される様子を目撃してしまいます。

 

彼は「人間を守りたい」という思いと、呪霊や呪詛師たちへの怒りを原動力に戦ってきました。

 

しかし渋谷事変を経たことで、敵や宿儺、そして自分自身への強い憎しみを抱くことになるのではないでしょうか・・・。

頼れる武器は常人を超える身体能力の高さ

伏黒と出会うまでは、一般の学生として過ごしてきた虎杖。彼は術式を持ってないにもかかわらず、多くの呪霊たちと渡り合っています。

 

それを可能にしているのが、常人を遥かに超える身体能力の高さです。

 

第1話で砲丸投げを行った際、世界記録が約23Mなのに対し、彼は約30Mという記録を叩きだしました。また、学校の校舎4階の窓を外から蹴破って侵入するという尋常ではない跳躍力も見せています。

 

そのうえ高い格闘センスも持ち合わせているため、京都校との交流会前に伏黒は「東京校・京都校 全員呪力なしで闘り合ったら 虎杖が勝ちます」と断言していました。

 

怪力無双の東堂さえも虎杖のことを「小さい体で素の力は俺より強い」と評しており、格闘戦においては虎杖は呪術師の中でトップクラスなのは間違いありません。

 

虎杖の身体能力の高さは常軌を逸していますが、何か秘密があるのでしょうか。

 

存在しない記憶を見せるのは虎杖の生得術式であると仮説を立ててみましたが、そうでなく虎杖が生まれつき術式を持っていなかったとしたら、「天与呪縛」による影響ということが考えられますよね。

 

天与呪縛とは、先天的に身体に大きな縛りを課される代わりに得られる強大な力のことで、例えば真希は術式がない代わりに高い身体能力を誇っています。

 

第1話で虎杖の砲丸投げを見た伏黒が「禪院先輩と同じタイプかな・・・」と考えており、虎杖も真希と同じ性質の天与呪縛を持っている可能性があるのです。

 

なお、天与呪縛の持ち主は基本的に呪術師の家系がら生まれますが、虎杖の両親については描写がなく、謎に包まれているため、もしかすると両親も呪術に関わりがあるのかもしれませんね。

虎杖は術式が今は使えないが近距離戦なら負けない!

シンプルな攻撃も相手にとっては脅威!01

虎杖の身体にはもうひとつ特殊な性質があります。

 

それは猛毒である宿儺の指を飲み込んでも死なず、宿儺に身体を奪われずに抑え込めるというものです。

 

そして宿儺を身体に取り込むことで呪力を得た彼は、物理的な攻撃では倒す事が困難な呪霊相手でも、有効なダメージを与えて倒せるようになりました。

 

身体能力の高さを活かした格闘攻撃に、呪力を乗せるというシンプルなスタイルで闘う虎杖。

 

彼は五条の教えにより、オリジナル技である「逕庭拳(けいていけん)」を会得しました。

 

これは虎杖の動きに呪力がついていけず、数瞬遅れてしまうのを逆手に取り、拳と呪力を連続して叩きつけるというユニークなものです。

 

その性質を知らない相手からすれば、最初に来る拳をしっかりガードしても、一瞬気が緩んだところで呪力の衝撃を受けることになるので、かなり厄介な技だと思われます。

 

また京都校との交流会編では、東堂の指南を受けたことにより、呪霊の花御相手に「黒閃」を発生させることに成功します。

 

黒閃は「打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み」で、威力は2.5乗に跳ね上がるとされています。

 

さらに黒閃を発生させると一時的にゾーンに入った状態になり、普段意図して行っている呪力操作も呼吸するように自然にできるようになると七海は語っています。

 

七海は黒閃連続発生記録保持者でしたが、虎杖もまた花御との戦いで七海の記録と同じ4連続の発生に成功しており、ここでも並はずれた天性のセンスを発揮させました。

 

現状、虎杖は基本的に呪力を乗せた打撃をメインに戦っていますが、宿儺を取り込んだことにより術式を獲得することも考えられるので、今後もさらに大きな成長を続けていくことになるでしょうね。

渋谷事変の虎杖を知るにはやはりコレが一番♪

U-NEXTでは呪術廻戦新刊を今すぐ無料で読むことができます!

もちろんアニメも観れますよ!

通常1990円が1カ月無料トライアル!今すぐGO!

スポンサーリンク

まとめ:【呪術廻戦】虎杖悠仁(いたどりゆうじ)1000年待った逸材!宿儺との縛りや関係性を考察【最新】

今回は【呪術廻戦】虎杖悠仁(いたどりゆうじ)1000年待った逸材!宿儺との縛りや関係性を考察【最新】を考察してみました。

 

最後まで御愛読いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました