【呪術廻戦】 加茂憲紀 (かものりとし)の正体を考察!赤血操術はドーピング!?

【呪術廻戦】 加茂憲紀 (かものりとし)の正体を考察!赤血操術はドーピング 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】 加茂憲紀 (かものりとし)の正体を考察!赤血操術はドーピング!?について考察していきたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】 加茂憲紀 (かものりとし)の正体を考察!赤血操術はドーピング!?についてみていきましょう!

 

スポンサーリンク

加茂憲紀 (かものりとし)学長とは

呪術廻戦】加茂憲紀(かものりとし)のプロフィール・術式まとめ|呪術廻戦図書室【2020】 | 呪術, 図書室, 図書

引用元:https://images.app.goo.gl/VjxqH31bzQJzwzqA7

自分の血液と血液がついた物を自在に操れる【赤血操術】

長い黒髪を持ち、いつも和服を着用している加茂憲紀

 

呪術高専京都校3年生で、1級呪術師でもあります。

 

御三家のひとつである加茂家の出身で、実際は側室の子供です。正室が加茂家相伝の術式を継いだ男児を産めなかったため、術式を継いでいた加茂を、6歳の時に本家に迎えいれたのです。

 

実の母親は加茂家内で「穢れた側室」として虐げられ、加茂が幼い時に家を追われています。

 

そんな壮絶な状況にあっても、最後まで自身を案じ続けてくれた母親への強い思いが、彼の原動力となっています。

 

加茂は、自身の血とそれが付着したものを操る、加茂家相伝の「赤血操術」を駆使して戦っています。

 

しかし毎回大量の血を流していては戦闘もままならないため、事前に摂っておいた自身の血を血流パックにして常備しています。

 

メカ丸曰く、「赤血操術は加茂家相伝の術式のひとるとして重宝されている その理由は近・中・遠距離全てに対応できるバランス力だ」

 

その「赤血操術」は血中成分を操り、ドーピングを施すことによって、自身の身体能力を向上させる効果があります。

 

それに加えて、血を付着させた矢尻によって、物理法則を逸脱した動きを実現することが可能であり、非常に凡庸性の高い術式であるといえます。

 

敵対している術師に留めを刺す際に、呪力を伴った攻撃で殺したり、狗巻家相伝「呪言」へ即座に対応するなど、術師としての才能と、冷静沈着さを併せ持つ加茂。

 

京都姉妹交流会で伏黒と対戦した際は、熱くなり「私は 負けるわけに尾はいかないのだ」と声を荒げる場面も見受けられました。

 

スポンサーリンク

術はドーピング!?

今回は【呪術廻戦】 加茂憲紀 (かものりとし)の正体を考察!赤血操術はドーピング!?について考察してみました。

 

最後まで御愛読いただきましてありがとうございます。