【呪術廻戦】蝗GUY(こうがい)の残念ポイントを考察!

【呪術廻戦】蝗GUY(こうがい)の残念ポイントを考察! 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】蝗GUY(こうがい)の残念ポイントを考察!!してみたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】蝗GUY(こうがい)の残念ポイントを考察!についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

蝗GUY(こうがい)とは

呪術廻戦】87話 サバクトビバッタの生態!あいつは黒い悪魔だッ - アナブレ

引用元:https://images.app.goo.gl/PHQzoLiV4e9mND886

知能の低さが残念ポイント

蝗害(大量発生したバッタ類による農作物等への食害のこと)への恐怖から生み出された2級呪霊。

 

やや稚拙ながら人語を解すなど、実力は準1級相当なのですが術式を持たないために2級に分類されています。

 

虎杖と戦った際には、何度も自らを「賢い」と主張していましたが、実際はあまり知的な要素はありませんでした。

 

どこからどうみてもバッタのような姿をしているにも関わらず、虎杖に「俺が何の呪いか分かってないだろ」と尋ねて一瞬で「バッタ」だと言い当てられた際にはとても驚いた様子を見せていました。

 

戦闘では丈夫な顎や、4本の腕、伸縮する腹部などを駆使し戦いましたが、虎杖に圧倒的な実力差を見せつけられて敗北しています。

 

スポンサーリンク

まとめ:【呪術廻戦】蝗GUY(こうがい) の残念ポイントを考察!

今回は【呪術廻戦】蝗GUY(こうがい)の残念ポイントを考察!について紹介考察しました。

 

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました