【呪術廻戦】特級呪物呪胎九相図!血塗(けちず)の正体について考察!

【呪術廻戦】 特級呪物呪胎九相図! 血塗の正体について考察! 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】特級呪物呪胎九相図!血塗(けちず)の正体について考察!してみたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】特級呪物呪胎九相図!血塗(けちず)の正体について考察!についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

血塗(けちず)とは

呪術廻戦】血塗(けちず)のプロフィール・術式を解説【2020】 | 呪術, 図書, 図書室

引用元:https://images.app.goo.gl/AH8UMQ6aqqdzMykF9

 

異形の姿をした特級呪物呪胎九相図の3番が受肉して生まれた血塗は、他の兄弟とは見た目が異なり、肉塊に手足を生やしたような異形のすがたをしており、目からは血の涙を流してします。

 

顔の下にある大きな口から体液を出す「蝕爛腐術(しょくらんふじゅつ)」の使い手で、壊相よりは威力は低いものの、対象を腐食させることができます。

 

血塗事態の戦闘能力は低いですが、壊相と連携することで高い戦闘力を発揮します。

 

血塗は、壊相と共に八十八橋に訪れ、虎杖たちと戦いましたが、釘崎の共鳴りと虎杖の打撃を続けざまに受け負傷

 

さらに虎杖たちの黒閃により絶命します。

 

その際、血塗の依代である受肉体が元は人間だったことを知った虎杖は、戦いのあと、人を殺めたことへの罪悪感にさいなまれるのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ:【呪術廻戦】特級呪物呪胎九相図!血塗(けちず)の正体について考察!

今回は【呪術廻戦】特級呪物呪胎九相図!血塗(けちず)の正体について考察!について紹介考察しました。

 

最後まで御愛読ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました