【呪術廻戦】虎杖を追い詰めた赤血操術の使い手脹相(ちょうそう)の正体について考察!

【呪術廻戦】 虎杖を追い詰めた赤血操術の 使い手 脹相の正体について考察 呪術廻戦

今回は【呪術廻戦】虎杖を追い詰めた赤血操術の使い手脹相(ちょうそう)の正体について考察!してみたいと思います。

 

この中では私の個人的な感想も含みますので、最後までお付き合い宜しくお願い致します。

 

では【呪術廻戦】虎杖を追い詰めた赤血操術の使い手脹相(ちょうそう)の正体について考察!についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

脹相(ちょうそう)とは

呪術廻戦】登場した呪霊一覧!名前が判明している特級呪霊をご紹介! | 漫画ネタバレ感想ブログ

引用元:https://images.app.goo.gl/Ppgz14xoXqqvgw7y7

血を操る術式で虎杖を追い詰めた

脹相は、史上最悪の呪術師と呼ばれる加茂憲倫が生み出した特級呪物呪胎九相図の1番が受肉した姿です。

 

彼は兄弟とともに、夏油、真人たちの目的に協力しています。

 

脹相は真人たちと一緒にゲームを楽しむなど飄々(ひょうひょう)とした性格ですが、一方、非常に兄弟想いな一面もあります。

 

彼と同じく、呪胎九相図から生まれた壊相(えそう)・血塗(けちず)を弟たちと呼び、2人が死んだ際は、離れていながらも彼らの死を感じとりました。

 

脹相は弟たちを殺した虎杖と釘崎に対し、強い憎しみを抱いています。

 

渋谷駅で虎杖と出会った際は、本来は呪霊側の切り札である虎杖を躊躇なく攻撃しました。

 

脹相は血液を操る「赤血操術」の使い手で、血を圧縮させる「百斂」、圧縮した血液を恩即を超える速さで撃ちだす「穿血」で、虎杖をじわじわと追い詰めます。

 

虎杖は赤血操術を無効化させるために、脹相を水浸しの部屋におびき寄せます。

 

水を浴びたことで、体外に出した血液を凝固させることができなくなった脹相。

 

しかし、脹相は体内の血液を操る「赫鱗躍動・載 (せきりんやくどう・さい)」を使い、自身の身体能力を高めると、近接戦闘にきりかえ、虎杖を打ちのめしました。

 

「あの世で弟たちに詫びろ」

 

と言い放ち、とどめをさそうとしたとき、突然彼の脳裏に「3兄弟と虎杖で楽しげに食事をする」という存在しない記憶があふれ出します

 

脹相は声にならないうめき声をあげ、戦意喪失。おぼつかない足取りで、その場を去っていきました。

 

スポンサーリンク

まとめ:【呪術廻戦】虎杖を追い詰めた赤血操術の使い手脹相(ちょうそう)の正体について考察!

今回は【呪術廻戦】虎杖を追い詰めた赤血操術の使い手脹相(ちょうそう)の正体について考察!について紹介考察しました。

 

最後まで御愛読ありがとうございました。