VODはどこが良い?動画配信サービスがわからない人のための失敗しない選び方

U-NEXT

VODがたくさんありすぎて、正直選べない!という人は多いのではないでしょうか。

かくゆう私も以前はそうでしたが、あるポイントがわかれば自分にピッタリのVODを選べるようになりました。

今回は、たくさんあるVODの中から失敗しない動画配信サービスの選び方について大切なポイントを2つご紹介します。

スポンサーリンク

自分にあったVODを選ぶ大切な2つのポイント

その1:自分が観たい作品やジャンルがあるか

そもそもお金を払ってVODを利用するのは、自分が観たい作品があるからですよね。

映画にしろ、アニメにしろ、観たいものがなければ契約している意味がありません。面白そうだからと契約してみたものの、観たいものがなくてはいずれ利用する回数が減っていくでしょう。国内ドラマの見逃しを観たいのに、海外ドラマばかり放映されるとがっかりしますよね。

それぞれのVODのホームページでは、得意なジャンルをトップで掲載しています。契約する前にしっかり内容を把握しておきましょう。

「特に何も観たい作品やジャンルはないんだけど、興味がある」という方は、VODの月額料金やその他付随するサービスから選んでみるのもいいのかもしれませんね。

その2:別途課金しなくても観られるか

選んだVODに観たい作品があっても、見放題ではなく別途課金しなければ観られない場合があります。月額料金以外のお金がかかるかどうかもチェックしておくべきポイントです。

せっかく契約して月額料金を払っているのに、自分の観たい作品が別途課金しなくては観られないなんて本当にショックです……。

 

「なんのための月額料金なの?」

課金しなければ観られないとなると、毎回ストレスに感じてしまい、VODそのものが楽しめなくなってしまう可能性があります。

特に海外ドラマなどはシーズンごとに8回程度、10シーズン以上も続いている人気ドラマがありますので、毎回課金していてはお財布にも負担がかかりますよね。

VODを選ぶときには、自分の観たい作品が課金しなくても観られるのかどうかを必ずチェックしておきましょう。

いくつかのVODが好きな作品を取り扱っているなら、あとは、月額料金や動画以外のサービスの充実度、無料お試しがあるかどうかなどを比べながら決めていくと良いですね。

スポンサーリンク

VODを選ぶ際にあまり気にしなくてもいいこと

逆にVODを選ぶ際に、各VODの取り扱い作品数はあまり気にしなくてもいいでしょう。

VOD各社は「取り扱い作品数◯◯万本!」などとCMしていますが、現実的に本当にそれだけの本数を観ることがあるでしょうか。ないですよね?

たとえば、U-NEXTは14万本以上が見放題作品数としてCMしています。また、d-TVは、12万本が見放題です。

U-NEXTの14万本のなかには、あなたの興味のあるものばかりじゃありません。子供向けのアニメや時代劇、韓流ドラマも含まれるでしょう。

自分の好きな作品やジャンルさえ観られればいいのですから、作品数の多さを基準にVODを選ぶ必要はないということです。

スポンサーリンク

VOD(動画配信サービス)サービスの比較

サービス名 月額料金 動画以外のサービス 無料おためし
U-NEXT 1,990円 雑誌・ポイント付与 31日間
Netflix 800円(SD画質)
1,200円(HD画質)
1,800円(4K画質)
なし なし
Amazonプライムビデオ 408円
4,900円(年払い)
マンガ・雑誌・お急ぎ便・音楽 30日間
Hulu 933円 なし 14日間
dTV 500円 なし 31日間
FODプレミアム 888円 雑誌 1ヶ月間

無料お試し期間はNetflixだけないので、注意してください。

Amazonプライム会員になると、プライムビデオだけではなく、Amazonでの買い物でお急ぎ便が使えたり、漫画や雑誌が読み放題などのサービスがあります。

雑誌の読み放題を利用したいなら、U-NEXTかFOD、Amazonプライムビデオを選択すると良いですね。

こうしてみると、Amazonの一人勝ちのような気がしますが、Amazonでは課金しなければ観られない作品が、他のVODでは見放題ということもあります。

スポンサーリンク

まとめ

  • ・自分が観たい作品やジャンルがあるか
    ・別途課金しなくても観られるか

VODを選ぶには、自分が観たい作品やジャンルがあるかどうか、別途課金しなくても観られるかどうかが選択のポイントになります。

VODによってサービスはまちまちですので、実際に無料期間内で体験してみるのがイチバン。

お気に入りのVODを見つけてくださいね。