Wi-Fiで動画が止まる原因を徹底解明!その解決方法と手順を紹介

インターネット

WiFi環境で動画を見ていると、カクカクしたり、一瞬止まったりすることはありませんか?

原因はさまざまですが、以下の内容を順に追ってひとつずつクリアーしていけば、大抵はどれかが原因だったりします。

では、動画が安定して見られない原因を追究してみましょう。

スポンサーリンク

ネット回線速度が速いものを使用しないと動画がカクカクする

そもそも論になってしまいますが、まず第一条件として、U-NEXTのような動画配信サービスを利用するなら、ネット回線速度が速いものを使用しているかどうかの確認が必要です。

今や光回線が当たり前の時代になってきてますが、ISDNやADSL等では速度制限がかかってしまう事で動画がカクカクしてしまう場合があります。

解決策としては、回線速度の速い回線に切り替えましょう。

WiFiルーターが旧式過ぎる事が原因の場合

WiFiルーターが回線速度に対してスピードが出ないものを使用している場合、どうしてもそこがネックになってしまいます。

例えば、ネットは光回線でアップロード・ダウンロード共に500Mbps出るのに、ルーターでは300Mbpsしか出ないとなると、遅くなってしまいまうのがわかりますよね。

解決策としては、最新のスピードの出るWiFiルーターに買い替える事

基本スペックは、

・IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応
・周波数5GHz帯で1733Mbps
・周波数2.4GHz帯で800Mbps
・2.4GHzと5GHzを自動切換えしてくれるもの
・IPv6 (IPoE/IPv4 over IPv6)に対応

これら全ての条件を満たしているものを選べば間違いありません。
私が使ってるWiFiルーターも、上記の条件をクリアーしています。

WiFiルーターを選ぶ時のポイントですが、

・2.4GHz帯では、一番スピードの出るIEEE 802.11n(300Mbps)
・5GHz帯では一番スピードの出るIEEE 802.11ac(6.9Gbps)→(Mbpsに変換すると6900Mbps)

に対応しているかどうかです。

WiFiルーターの規格等の難しい説明は割愛しますが、WiFiルーターの方がネット回線よりスペックが上回りすぎると感じるかもしれません。

しかし、価格も1万円前後ですし滅多に買い替える事の無いものなので、オーバースペック気味の方が後々安心です(ネット回線を今より高速回線にした場合等)。

WiFiルーターの設置場所が原因の場合

普段からネット回線が遅い、動画が途切れる等がある場合、WiFiルーターの設置場所が原因の場合もあります。

意外とやりがちなのが、WiFiルーターをコンセントの近くに設置してしまう事。
コンセントの高さは、人の足首程度の高さが一般的です。

電波は低い場所の場合、障害物が多すぎてうまく受信できない事があります。
又、WiFiルーターの周囲を囲むように壁等の障害物があるとパフォーマンスを低下させる原因となります。

その理由ですが、WiFi規格には周波数5GHz帯と周波数2.4GHz帯があり、それぞれのデメリットが働いてしまうからです。

周波数5GHz帯のデメリットとしては、壁等の障害物があると電波が弱まりやすくなります。
周波数2.4GHz帯のデメリットとしては、家電やBlutooth等の同周波数電波を使うもの同士の干渉があります。

一戸建て住居等の場合、1階にWiFiルーターを設置、2階にパソコン、テレビ等を設置する場合もあるかと思います。

そういう場合は電波が届きにくい場合があるので、WiFi中継機等を使えばクリアーできます。
コンセントに差し込むタイプのものもあるので、意外と簡単に問題をクリアーできますよ。

因みに写真は私が使用しているコンセントに差し込むタイプのWiFi中継機です。

解決策としては、極力高い位置に設置し、WiFiルーターの周囲に障害物が極力無い事。
WiFiルーター設置場所とデバイス(パソコンやテレビ等)が離れていて思うよにスピードが出ない場合は、WiFi中継機を設置することです。

この場合のスペックも上記のWiFiルーターと同様になります。

ネット回線に同時にアクセスしている端末が多すぎる場合

これも良くある原因なのですが、例えば家族の誰かが動画をダウンロードしています。

その時に、別の誰かがPS4等のゲーム機でネット対戦ゲームをしていたり、はたまた別の人が動画ストリーミングを見ていたり、YouTubeを見ていたり・・・

こういう場合の解決策としては、時間をずらせるものはずらすしか方法はありません・・・(これは過去の話)
これまではそうでしたが、 IPv6 (IPoE/IPv4 over IPv6)に対応しているWiFiルーターであれば解決できるのです。

WiFiルーターやパソコン等の端末に不調がある場合

パソコンの調子が悪い時、一度再起動する事は良くある話です。

ネット回線等の環境は良いのに、どうも回線スピードが遅い、動画がカクカクする・・・
そんなよく分からない場合は、一度全ての端末の電源を落としてみましょう。

パソコンで動画を視聴している場合は、パソコンのコンセントも一度抜いてみます。

5分ほどして、全ての端末の電源を入れる事で、難なく解決する事が本当に良くあります。

外的環境の影響がある場合

いくらネット回線周りがベストな環境でも、外的環境(大雨や台風等)が悪い場合はどうしても動画が安定して見られない場合があります。

まとめ

・ネット回線を高速なものに変える
・最新のWiFiルーターに買い替える(下記スペック)
IEEE 802.11ac/n/a/g/b対応
周波数5GHz帯で1733Mbps
周波数2.4GHz帯で800Mbps
2.4GHzと5GHzを自動切換えしてくれるもの
IPv6 (IPoE/IPv4 over IPv6)に対応

・ルーターの設置場所に注意する
・端末が不調な場合は全て再起動する

以上、Wi-Fiで動画が止まってしまう原因の解決方法と手順をご紹介しました。ぜひ参考になさってください。