バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の意味と様々な使い方

バッグ類のサイズ表記 【H・W・D】の意味と様々な使い方 お役立ち情報

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の意味と使い方についてですが、基本的に持ち手の部分は含まず、本体部分の寸法になります。

 

バッグ類のサイズ表記では、横×高さ×奥行き(マチ)が一般的ですが、W×H×D等の英語表記のものもあります。

 

中には、横幅×縦×深さや、横幅×高さ×マチなど様々な記載方法があります。

 

スポンサーリンク

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の意味

 

HWDの意味についての記事

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の意味ですが、バッグの正面になる部分が幅(W)になります。

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】01

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】02

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】03

 

 

スポンサーリンク

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の様々な使い方

 

通販サイトのバッグのサイズ表記はどこもこのような感じになっています。

 

・こちらのショップは、幅(W)を横、高さ(H)を縦(たて)、奥行き(D)をマチと記載

 


 

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】05

楽天より引用

 

 

・こちらのショップはHWD(高さ×幅×奥行き)表示

 


 

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】04

楽天より引用

 

 

・こちらのショップはHWD(高さ×幅×奥行き)表示 Wは上辺・下辺 表示

 


 

 

 

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】06

楽天より引用

 

スポンサーリンク

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の意味と様々な使い方 まとめ

バッグ類のサイズ表記【H・W・D】の意味と様々な使い方

 

バッグ類の基本的なサイズ表記は

幅・横・横幅・W

高さ・縦・H

奥行き・マチ・D

 

となります。