HWDはH(高さ)W(横幅)D(奥行き)で、物の立体サイズ表記に使う英語の頭文字

お役立ち情報

HWDとは、H(高さ)、W(横幅)、D(奥行き)で、物のサイズ表記に使う英語の頭文字です。

 

日本語で言う、縦×横×高さの事で良く勘違いするのでわかりやすくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

サイズHWDとは、H(高さ)、W(横幅)、D(奥行き)で、物の大きさ表記に使う英語の頭文字

HWDとは、H(高さ)、W(横幅)、D(奥行き)で、物のサイズ表記に使う英語の頭文字です。

実際に画像でみればすぐにわかります。

hdwとは

サイズWHDの順番でもいいですし、WDHでもOK。意味が通じれば何でもOKです。

ただ日本語にすると少し複雑になります。

2次元(平面)図を書く時は、縦×横とよく表現しますが、上図でいけば幅方向が縦(D)×奥行き方向が横(W)になります(厳密にいえば縦と横はどちらでもOK)。

 

hdwとはエアコンと冷蔵庫の例

要は、平面(正面)をどこに見るかによって、高さの場所は変わってくるのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

良く勘違いするHDW(WDH)。どこを正面に見るかさえわかれば高さは度の方向はおのずとわかってきます。

縦×高さ×奥行きで記載されていれば分かりやすいのですが、英語表記だとピンときません。

正面を決めれば、まずH(高さ方向)が決まります。するとW(幅方向)も瞬時にわかりますよね。

あとはD(深さ方向)も一瞬でわかるようになるので、数回訓練すれば理解できるようになります。