ピエールドゥロンサール日陰での育て方 花が沢山咲く我が家の工夫 8年育てて分かった事!

ピエールドゥロンサールの育て方日陰でも多くの花が咲く!8年育てて分かった事園芸

5月と言えばガーデニングの季節です。バラ好きには待ちに待ったバラが咲く季節でもあります。

 

私がバラにはまりだしたのは10年前から。ピエールドゥロンサールを手に入れたのは8年前です。

 

バラは素人には育てるのが難しいと言われていますが、ピエールドゥロンサールは比較的育て方が簡単ですので、我が家がどのように育ててきたか、実際に購入してわかったおススメの中・大輪カップ咲きのバラをご紹介しますね。

 

結構ずぼらな育て方をしていても大量に花がつくので、私のような初心者でも簡単に育ちますよ。

 

スポンサーリンク

ピエールドゥロンサールの日陰での育て方 ~花がたくさん咲く我が家の工夫~

ピエールドゥロンサールは日陰でも多く咲く

部屋から覗いたらこれだけ花が咲いてました。網戸が破れてるのはご愛敬(笑)。

 

本来なら日当たりの良いはずの南側の裏庭は残念なことに我が家は半日陰です。

 

その裏庭でバラを育てたかったので少しでも日光が当たるようにとパーゴラとフェンスを自作し、更に地面から1メートル付近に棚を設け、買ってきたばかりのピエールドゥロンサールを置いてました。

 

日光が一番長くあたる高さのあたりをつけていたのでその高さにしたので、予想通り1年目から沢山の花を咲かせてくれました。

 

2~3年経つとかなり大きく育ってきたので庭の地面にそのまま植木鉢ごと移設。

 

それ以降肥料や水を殆ど与えてなかったのですが、すくすくと大きく育ち毎年たくさんの花をさかせてくれるようになりました。

 

さらに数年経つと、いつのまにか根がプラスチックの植木鉢をつきやぶり敷き詰めてあるレンガの下を這っていました・・・。

 

育成旺盛とは聞いていましたがまさかここまでとは・・・凄い生命力です。

 

あまりにも可哀そうなので、プラスチックの植木鉢を綺麗に取り除き専用の土を盛り、肥料と水を与えたらどんどん元気になってきました。

 

いい加減な育て方をしてましたが、この冬からきっちり剪定して来年の春にはもっと沢山の花をつけて貰えるようにしようと思っています。

 

8年バラを育ててきてわかったことは、『ピエールドゥロンサール』は他のバラよりの非常に生命力が強く、虫にも強く、本当に初心者向きのバラだと言う事です。

 

毎年5月にはバラ専門店に行くので、ついでに冬の誘引の方法やこれからの育て方のアドバイスを貰ってこようと思います。

 

スポンサーリンク

ピエールドゥロンサールの開花時期

我が家のピエールドゥロンサールの開花時期ですが、毎年4月後半から少しずつ花が咲きだし5月中旬に満開になり6月後半ころまで繰り返し咲いてくれます。

 

 

8年も育ててると花は80個くらい?もっとあるかもしれませんがかなり多くの花が咲く為、ピエールドゥロンサールのような大輪(10cm)の花が80個も咲き出すと圧巻です。

 

上の画像で見えてるだけでも30個以上の花がついてます。

 

ひとつひとつの花はほのかな香りですが、さすがにトータル80個以上も一度に咲くと裏庭からすごくいい香りがしてきます。

スポンサーリンク

バラでカップ咲きの淡いピンクが特徴と言えばピエールドゥロンサール

バラ カップ咲き 淡いピンク ピエールドゥロンサール

『バラでカップ咲きする淡いピンク』といえば一番に浮かんでくるのがピエールドゥロンサールでしょう。

 

私がバラにはまるきっかけとなったのが『イングリッシュローズでカップ咲きの中・大輪のバラ』です。実際に購入してその中でも特におすすめなのが次の3つです。

 

スポンサーリンク

中・大輪でカップ咲きするおススメのバラ3選

中・大輪で初心者におススメのバラは『ピエールドゥロンサール』『レディエマハミルトン』『ゴールデンセレブレーション』の3選。これを買えば間違い無し!

 

イエローのカップ咲きの大輪『ゴールデンセレブレーション』 おススメ度★★★★★

 

学名Rosaceae Rosa ‘Golden Celebration’バラ科 バラ属
作出年
作出者
1992年
(イギリス・デビッド オースチン)
交配親Charles Austin×
アブラハムダービー
開花時期5~11月
花色
大きさ
花形
山吹色
大輪咲き
八重カップ咲き
(花弁75枚ほど)
香りの強さ強香 フルーツティ系
最終樹高地植え:1.5m ~ 2.5m
最終葉張りつる性シュラブ
栽培用途フェンス
オベリスク
アーチ
ポール仕立て
壁面仕立て
植栽適地日本全国
育てやすさ日照条件:日なた~半日陰
耐陰性強い、耐寒性強い
耐暑性普通
耐病害虫性耐病性:強い
害虫:普通につく
芽吹き時期3~4月頃
トゲの大きさトゲが少ない
花言葉(黄色いバラ)愛情の薄らぎ
嫉妬、友情
楽天より引用

 

香りが強く、フルーティーの香りがとても心地よい『ゴールデンセレブレーション』。黄色でとても綺麗ですよ。『レディエマハミルトン』よりは香りが若干控えめですが、花を沢山つけてくれるので広範囲でいい香りがします。

 

オレンジ色のカップ咲きの中輪『レディエマハミルトン』 おススメ度★★★★★

 

学名Rosaceae Rosa ’Lady Emma Hamilton’バラ科 バラ属
作出年
作出者
2005年
(イギリス・デビッド オースチン)
開花時期5~11月
花色
大きさ
花形
赤みがかかったオレンジ
中輪咲き(8cm位)
カップ咲き(花弁数40枚)
香りの強さ強香 フルーツティ系
最終樹高地植え:0.8m ~ 1m
鉢植え:0.8m ~ 1m
最終葉張り半直立性
栽培用途鉢・プランター向き
花壇、庭植え向き
植栽適地日本全国
育てやすさ日照条件:日なた、耐陰性やや弱い
耐寒性強い、耐暑性やや弱い
耐病害虫性耐病性:強い 害虫:普通につく
芽吹き時期3~4月頃
トゲの大きさ1cm
花言葉(オレンジ色のバラ)無邪気
魅惑、絆、信頼
楽天より引用

 

この3つの中で断トツで香りが強く、フルーティーの香りがとても心地よい『レディエマハミルトン』。バラでは珍しい強いオレンジ色でとても綺麗ですよ。

 

春には次から次へと花を咲かせてくれるので長い間香りとバラが楽しめます。本当にいい香りがするので、香り重視でカップ咲きのバラの購入を考えた場合はこれが一番おススメです。

 

ただ『ピエールドゥロンサール』に比べると虫が付きやすく弱いのでしっかりお手入れが必要です。

 

毎年5月は『趣味の園芸』ではバラの特集をやっています(今回も購入してきました)。
『レディエマハミルトン』は、2021年5月号の43ページに載ってます。

淡いピンクのカップ咲きの大輪『ピエールドゥロンサール』おススメ度★★★★★

 

学名Rosaceae Rosa`Meiviolin´
バラ科 バラ属
別名エデンローズ’88
エデンクライマー
作出年
作出者
1988年
(フランス・メイアン)
交配親(Danse des Sylphes×Handel)
×Kalinka Climbing
開花時期5月
花色
大きさ
花形
白と淡いピンクのグラデーション
大輪咲き(12cm位)
クォーターカップ咲き
クォーターロゼット咲き
香りの強さ微香 ダマスク系
最終樹高地植え:m ~ 3m
鉢植え:m ~ 2m
最終葉張りつる性、木立ち
栽培用途庭植え、プランター
フェンス、アーチ
ポールオベリスク
側面仕立て
植栽適地日本全国
育てやすさ日照条件:日なた、耐陰性やや弱い
耐寒性強い、耐暑性普通
耐病害虫性耐病性:とても強い
害虫:とても強い
芽吹き時期3~4月頃
トゲの大きさ1cm
花言葉(白いバラ)純潔、
私はあなたにふさわしい、深い尊敬
(ピンクのバラ)上品、気品、
しとやか、暖かい心、恋の誓い
楽天より引用

 

『ピエールドゥロンサール』は『趣味の園芸』2021年5月号の66ページに載ってます。

 

3つのバラの中で香りが一番薄いですが生命力が断トツで、半日陰でもかなりの数の花をつけてくれます。ですので満開時は香りが漂います。

 

私がそうだったように超初心者向けには絶対『ピエールドゥロンサール』。枯れてしまうなどの失敗が少なくすくすく育ってくれます。

 

スポンサーリンク

ピエールドゥロンサール日陰での育て方 花が沢山咲く我が家の工夫 8年育てて分かった事!まとめ

バラ カップ咲き 淡いピンク ピエールドゥロンサール03

ピエールドゥロンサールの日陰での育て方 花が沢山咲く我が家の工夫 8年育てて分かった事!をまとめました。

 

半日陰でもピエールドゥロンサールは1年ごとに設置場所を変える事ですくすくと大きく育ってくれました。1年目はとにかく日当たりの良い場所に置く。3年目くらいで枝がかなり伸びたので地面に設置。

 

枝が伸びて日光が当たるようになった事で地面に置いてもすくすくと育ちはじめました。そこからはほぼ放置状態で8年目を迎える事に。毎年80個以上の花が咲いてくれています。

 

ピエールドゥロンサールの開花時期ですが、毎年4月後半から少しずつ花が咲きだし5月中旬に満開になり6月後半ころまで。

 

・超初心者におススメは、大輪のカップ咲きのバラでは断トツの生命力の『ピエールドゥロンサール』。
・とにかく香りが強い中・大輪のカップ咲きのバラが欲しい人には『レディエマハミルトン』、次いで『ゴールデンセレブレーション』。

 

参考になれば幸いです。